同窓会,救急外来(まえかわ)

動画は,最近ハマっているellegardenのジターバグです.

 

3月の医局の大送別会でキム団も何曲か披露するため,クロキチ君と二人で医局のPCでyou tubeを眺めて選曲業務にいそしんでおります.

 

このellegardenというバンドはほとんどが英語の歌詞なのですが,この曲は日本語歌詞でメッセージ性が強くお気に入りであります.

 

『早く着くことがすべてと僕には思えなかった』という歌詞に,普段から生き急いでいるような私はハッとさせられました.

 

この動画をご覧いただくとわかりますが,人の海を泳いでいるオーディエンスの方がいて,オモシロいです.皆さん手を挙げている中で,なぜか足が生えている(?)のです.

 

 

 

金曜日の夜外病院の当直に出,昨日はそのまま病棟へ戻り,上山の温泉で行われる医局の同窓会へ.

他施設で活躍されている同門の先生方との年に1回の集まりです.

 

私も学年幹事という役に就いておりまして,『同窓会のHPも併設せよ』というお役目を頂いております.しかしながら,まだ着手できずにおります.不徳のいたすところでございます.

 

このHP内に同窓会のサイトを設け,クローズアクセスという形で始めたいと思っております.

 

 

私自身も学位取得者のプレゼンテーションということで,医局の先輩の先生方の前でお話をする機会を頂けました.会議の後の酒宴で叱咤激励を頂きましたが,追加評価項目を含め,いい論文を仕上げたいと決意を新たにしました.

 

 

特別講演で,宮城県沖で大震災にあわれた先生のお話を拝聴できました.この先生はお若い時チリ地震津波にも合われたそうで,このチリ地震津波は私の故郷の岩手県沖にも甚大な被害をもたらしました.

私の祖父は,このチリ地震後高台に家を建てるべきだと考えたそうで,早くに高台に土地だけ確保したそうであります.そのおかげで,今回の311では私の実家は津波の被害を直接こうむることはありませんでした.

 

 

遠方よりかけつけた同期のみながわ先生,鈴木潤君,外病院で修行中のイケメン・ハヤシ君,中村健君などなど,若手もみな元気そうで何よりです.

 

 

私たちの医局も近々女性の医局員が入られる時代が来ました.

入局が決まった先生方のあいさつがあったのですが,こういう人たちに『Share a dream with us』と言える職場にしなきゃなんないなーと,私などは常々思います.

これは,前回動画を載せた東京スカパラダイスオーケストラのPride of Lionsの歌詞なのですが,この歌詞が曲の最後にあるというのは,やはり深い意味があるのでしょう.

 

(こーゆーことを考えるということは,私もあまり若くなくなってきたということでしょうか…)

 

 

 

 

今日は大学の救急日直が当たっておりました.

勝手のよくわかっている内科系の先生,研修医の先生がいろいろ捌いてくださるので,あまり出番がないわけです.

 

 

この救急外来をするたびに思い出すことがあります.

だれでも,医者をしていてヒヤリとしたことがあるとは思います.

 

今を去ること8年前の研修医時代,鶴岡の病院で当直していたのですね.

明け方,頭痛い,という30歳ちょっと過ぎくらいの患者さんが来られました.前の日なにやらお祝い事があって,しこたま飲んだというのですね.

私は自分も酒飲みですから,『二日酔いかなー』と安易に考えたくなってしまうわけです.

 

ただ,朝9時過ぎて,頭痛がどんどん悪くなってくる,というんですね.

 

なんでもかんでもCT撮るという検査漬けの医療はよくないなーとは思っても,ただの二日酔いなのか,そうでないのか自信がないわけです.

 

で,CTを取ってみますと…

 

 

 

くも膜下出血でした...

 

 

 

 

ただちに脳外科の先生を呼んだわけです.

 

脳外科の先生が若い奥さんに

 

『死亡率は〇〇%,手術しても助からないことがある』と無機質な声と表情で淡々と病状説明するわけです.

 

見る見る間にこわばっていくその奥さんの顔はいまだに脳裏に焼き付いております.

 

 

医者やってそろそろ10年になりますが,今まで自分で診断したくも膜下出血は後にも先にもあの時1回だけです.

 

 

『ただの二日酔いですよ』と帰してしまって家で急変されたらと考えると,今でもゾッとします.

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ロックでは刺激が強すぎのアラフォー (火曜日, 15 1月 2013 12:27)

    久々に昼休みを取りながらの訪問です。
    ご紹介の曲を聞きながら自分の加齢を実感しゾッとします。
    ロック好きだったはずがジャズやクラシックに好みが変わりつつあり・・・
    キム団拝見できず残念です。
    先生もゾッとする体験がおありなのですね。
    救急ってやっぱり怖いですね。

  • #2

    まえかわ (土曜日, 19 1月 2013 23:26)

    ロックでは刺激が強いアラフォー様

    私も最近はロックを聴きながら入眠することはなくなってしまいました。辛うじて楽器ができるからロック野郎なのかもしれません。

    医療従事者はゾッとする率が高いと思われます...。