ローテート (まえかわ)

新婚旅行で行ったドイツで,炭酸入りミネラルウォーターに初めて出会いました.

当地ではレストランに入りますと,飲み物に『ガス入り水』『ガスなし水』という表記があります.

ガスなし,と指定しませんと,炭酸入りのミネラルウォーターが出されることが多いと,ツアコンダクターさんが教えてくれました.

何やら消化が良くなる作用をもっているとのことで,夏場はアマゾンでダース買いして医局の冷蔵庫で常に何本か冷やしております.

 

 

さて,3年目のシャレ君とヒカル君(渡会医師)がローテートで交代しました.

 

以前も書いたかもしれませんが,私たち外科医の業界はかなり専門分化が進んでいます.

外科専門医になるために,『消化器外科』『甲状腺・乳腺外科』『外傷外科』『心臓血管外科』『呼吸器外科』『小児外科』『末梢血管外科』『内視鏡外科』・・・・などなど広い領域の手術を経験する必要があります.

 

大学卒業後6年以後『外科専門医』の受験資格が得られます.

これを取得したのちさらに3年以後,『消化器外科』『心臓血管外科』『呼吸器外科』『小児外科』などのさらに細かい領域の専門医を目指すことになります.

 

心臓血管外科医になったあとも,弁膜症外科,冠動脈外科,大動脈外科,小児心臓外科などなど,さらに分化が進んでいるわけです.

私は主に小児心臓外科を主に専攻していますが,心臓血管外科医のなかで小児を主にしている方は,たぶん4分の1くらいかと推察しています.

 

 

 

ヒカル君に言いそびれてしまったのですが・・・

 

『ここは軍隊だッ!! そうでなかったら男塾だッ!!(宮下あきら)』

 

ということです.

 

 

よく『外科は体育会系』と申しますが,残念ながら私自身は学生時代運動部ではありませんでした.

 

(それに,私は体育会系のノリがあまり好きではありません)

 

一般企業の面接などで『ラグビーやってました』なんて言いますと印象が良いようですが,外科医として働き始めますと,そういったときに必要とされる体力とどんなスポーツやってたかは,あまり関係ない気がします.

まあ,サークル活動を通して社会性がある程度磨かれていたほうがいい,ということは勿論あります.

 

ということで,呼吸器外科志望のヒカル君にも,数か月間充実した心臓血管外科のトレーニングを経験してほしいと思います.