クロキチ君・名刺(まえかわ)

10月の人事異動で2つ下の後輩のクロキチ君(黒田君)が大学に帰ってきました。

 

私が長野に小児心臓外科のトレーニングを受けに行っている間に、彼は成人の心臓外科のトレーニングを受けられておりました。つい6,7年前、仙台にいるみながわ君とクロキチ君と3人で下っ端時代を送ったのですが、だいぶ成長されているようで頼もしいものです。

 

 

ついでながらギターの名手でありますので、キム団のギター兼ボーカルとして大いに期待しているのであります。

あとは、忘年会に向け練習あるのみです!!

 

山形大学附属病院の循環器病センター・呼吸器病センターの看護師さんで、もしこの文章をご覧になっている方がいらっしゃいましたら・・・

 

『忘年会のバンド期待しています!』

 

と黄色い声(?)をかけていただきますと、練習意欲がわきますので乞うご期待!!

 

 

 

さて、私は補欠でしたが今日は手術2件をこなし、学術会議。

 

これまでの学術会議とは様相を呈しておりまして、『外部の研究者の方とコラボする』という医局史上前人未到の境地に足を踏み入れようとしております。

 

ということで急きょ名刺を作る必要があり、

医局長『名刺持ってるよ』

ということで、内田先生、金先生、私の3人分の名刺を作成していたのであります。

 

 

大学生協におもむき、名刺用紙を購入。

 

 

この名刺用紙のパッケージにこのメーカーさん(a-one社)のHPが書いてあり、ここよりソフトをダウンロードして名刺を作る、というようです。年賀状作成ソフトみたいな感じです。

実は、大学院研究中に統計学者の先生の所にお邪魔した際にその先生は名刺をくださったのですが、教えてもらう立場の私は名刺すら持っていない、という窮地に陥ったことがありました。ですので、外部の研究者の方とコンタクトをとる際には、名刺が無くてはならん、ということを学習したのです。

 

私は、外科医をやっててネクタイと名刺がなくてもいい生活に慣れてしまっているのですが、こういうことがたまにあると本当にビビります。

 

 

ということで、先週あたりから

 

私   『内田先生、名刺つくりましょうよーーーッ』

 

内田先生『んーーー…、  まあ、俺は(なくても)いいナ』

 

 

しかしながら私も社会人ですので、この医局にいていろいろ学びまして

 

私   『内田先生、名刺作っときましたよ』

 

内田先生『おう、わりいなぁ(ニヤニヤ)』    (←たぶんラッキー! と思っている)

 

というパターンがわかってきたので、大学生協で紙を購入したのち名刺作成であります。

 

 

内田先生と私のを作り終えたのち、金先生のも(ネタとして)名刺を作ろうしますと、その瞬間プリンターが用紙のミシン目に引っかかってクラッシュ。

 

ギャーーーーッ!!

 

 

金先生(の名刺)がーーーーーッ!!!

 

 

ということで、秘書未来氏とプリンター内部でコナゴナになった金先生(の名刺)を救出。

1枚の用紙から10枚の名刺を作れるのですが、なんとか救出できたのは3,4枚の名刺のみでした。

 

 

ということで、新研究はどうなるのやら。

 

乞うご期待!!

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    くろだ (水曜日, 03 10月 2012 19:51)

    10月から大学に戻ってきました。
    よろしくお願いします。忘年会のバンド活動が楽しみです。

  • #2

    まえかわ (日曜日, 07 10月 2012 11:21)

    クロキチ君のアイデアを期待しております.