非売品とPC(まえかわ)

秘書未来氏の妹さんが書店員をなさっている方のようで、非売品を横流し(?)してくださいました。

 

ジョジョマウスパッドであります。

美麗な承太郎氏とスタープラチナです。

愛用していますが、しょこたんに自慢したいくらいなのであります。

 

なんでも今年ジョジョは25周年のようでありまして、先日『ダビンチ』の表紙を荒木飛呂彦先生が飾っておりました(もちろん即購入ッ!!)。←この小さな『ッ!!』がジョジョっぽいでしょう?

 

医局でジョジョ愛好家は、金先生、オオバ選手、私、前秘書真理子氏くらいです。

ちなみに、隣のオオバ選手の机には、なぜだか漫画家さんがポーズをとらせる木製人形が『ジョジョ立ち』をしております。

 

オオバ選手に、一度なぜその木製人形があるか尋ねたところ・・・

 

オオバ選手 『なんでって・・・先生、必要でしょ?  いろいろ』

 

おそらく彼の解剖学的、あるいは外科的な考察の一助になっていることが推察されます。

 

 

『ジョジョ立ち』の詳細につきましては、リンクのこちらのページをご参照ください。

 

 

研修医くらいの若い先生、新人看護師さん、学生さんは最近ジョジョを知らない方が多く、もの寂しい限りです。


職場のPC(VAIO)が原因不明の電源落ちなどして調子が悪く、ヤマダ電機の長期無料保証で修理に出したのですがメーカーさんでは原因がわからないということで、最近買い換えました。決してメーカーさんの回答が不誠実であるとか、そういうことはなかったのですが、学位最終審査で万が一PCが使えないのはかなりタイムロスになります。

 

 

いままでSONY VAIO派だったのですが、あまり使わないアプリケーションがゴテゴテ多く買うたびに使わないアプリケーションをまずアンインストールするのが面倒で、このたび富士通Lifebookに。

自宅では富士通のESPRIMOを使っているのですが、私も家内もこちらは使い勝手がよく重宝しておるのです。

私のような門外漢がイメージで話をしてしまって申し訳ないのですが、富士通のほうがインターフェイスやプログラムがシンプルで、女性の方に使いやすいようななんとなくそういう雰囲気がいたします。

 

ヤフー知恵袋を見ますと『いまどきどこのメーカーも大して違わない』という意見が大多数でした。

 

 

しかしながら、電気屋さんの裏話を聞きますと、

 

『VAIOはデザインおしゃれなんですけど、壊れやすいかなー』

 

とか、

 

『リペアに来るのは東芝が多い』

 

とか教えてくれるのです。

 

ということで、壊れにくそうな富士通に。

 

 

呼吸器外科の先生方は内視鏡手術のムービーを編集されることが多いようで、このためMACが主流のようです。MACもスペックはかなりよさそうなのですが、せっかく買った統計ソフトのJMP 10がwindows版なので、しばらくはapple派になることはなさそうです。

 

 

話はかなり変わるのですが、テレビだのビジネス書だので能力開発の一端なのでしょうが、やたら『脳』がもてはやされています。(当然ながら私は専門外であります)

 

『これをすると脳にいい』とかそういうロジックで書かれている書物が増えた気がいたします。

 

私も茂木健一郎さんの本はたまに読むのですが、自分の『脳』も人の『脳』もPCみたいなもんかなーとたまに素人ながら思うのです。

茂木さんは、人からいやな目にあわされますと、『これはこの人の脳がこういう状態だから仕方がない』という考え方をすると腹が立たないそうです。ここまで行きますと徹底しているものです。

確かに他の人のことでも、ああ、この人の脳はこういうのに向いているのかとか、こういうのは苦手なのか、と思うとある程度のことは諦観できるようになるもので、不思議なものです。

 

自分の脳にもですね、

『ビタミンとして、こういう本を読ませよう』

とか、

 

『こういう映画をみさせて気分転換させよう』

とか、

 

『こういう能力をインストールさせよう』

とか。

 

そう考えますと、この学位論文に追われた期間中に、自分の脳に与える書物だの娯楽だのが偏ったり、あるいは純粋に電源を切る時間が短かったりしてしまい、脳に負担をかけすぎていたかもしれません。

疲弊してイライラした私の『脳』が、家内や同僚の方に迷惑をかけていたかもしれず、反省する限りです。 

しばらくは、芸術だのマンガだのビタミン的なものや、休息を積極的に与える必要がありそうです。