マスコット(まえかわ)

われらが山形大学病院にもついにマスコットが。

 

かもさん親子であります。

居ついた親がもさん、子がもさんたちはどうやら1週間ほど前に卵からかえったようで、中庭の池を優雅にスイスイ泳いでおります。親がもさんを先頭に泳ぐ彼女らで『刷り込み』を間近に観察することができますが、そんなことはさておきカワイイと院内の評判となっております。

 

論文の図表説明(figure legendといいます)風に言いますと、矢印(赤)が親がもさん、矢頭(青)が子がもさんで、どなたが数えたかわかりませんが子がもさんは7羽いるという噂を聞きました。

 

 

現在中庭が工事中で立ち入り禁ですので、優雅に泳ぐ彼女らをこのiPhoneで接写することができず残念ですが、たまたまガラスに接近していたので撮影に成功しました。(私の足が反射しており恐縮です)

 

 

 

さて、高校時代の『かも』のはなし。

 

私の故郷の岩手県宮古市は大きな半島を有しており、ある友人がその半島の網元の家系出身でした。

漁師の世界の『網元』といいますのは、お百姓さんの世界でいうところの『大地主』と想像してもらえばいいかと思います。したがって、この友人もいわゆるお金持ちの『お坊ちゃん』でした。(まえかわ家のような、雇われ漁師、船大工の家系とは違うのでした)

 

 

仲間内で小銭を賭けた花札がはやった時期がありまして(よい子はマネしてはいけません)、私はあまり参加しなかったのですが、その友人は非常に賭け事が好きだったんですね。

 

この友人、よせばいいのに、『下手の横好き』なのか、負けても負けても花札に参加するんですね。

他の友人はいいようにタカルわけです。

 

で、結果彼についたあだ名が『カモネギ』君でした。

まあ、カモがネギをしょってくるみたいなやつだ、ということなんでしょう。

 

 

 

愛くるしいマスコットの話から、こんな『カモネギ』の話で落ちがついてしまいましたが、彼女らはいつまで大学病院にいてくれるのでしょう。

 

病院で入院中の患者さん、忙しい日々を過ごされる教職員のみなさん、出入りする業者さん、厳しい修練中の学生さん、研修医の先生・・・

 

かもさん親子で癒されてはいかがでしょうか。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    Tomoko (火曜日, 10 7月 2012 10:24)

    大学病院にカモさんが居ついていたなんて、知りませんでした(^o^)/

    私の家の近くの公園にもカモさん親子がいて、毎日見守っています☆
    病院は外敵が少なくて安心ですが、
    公園のカモさんは、猫に遊ばれてしまうので、
      お母さんカモさんは、一生懸命守っています。

    ☆★☆元気に育ちますよぉに☆★☆

  • #2

    キイロイトリ (火曜日, 10 7月 2012 12:27)

    アメリカの大学には各大学動物のマスコットがありますよね。

    以前アリクイがマスコットだったところにいった時、動物はどうやって選ばれているのか気になったことがあります。。

    山形大学はかわいいカメならいいですね☆

  • #3

    まえかわ (火曜日, 10 7月 2012 21:19)

    Tomokoさん
    何をえさにしてるんだろうかと、金先生と疑問に思いましたが、工事中で、ヒトが原則立ち入り禁止なので、彼女らの楽園になっております。

    キイロイトリさん
    非常に教養深いお話ありがとうございます。私は初めて知りました。
    いわゆる縁起がいいということが選定基準なんでしょうか?
    アリクイはわかりませんが、日本人の感覚で言いますとカメは縁起がいい象徴であります。