数日間失礼しました (まえかわ)

ここ数日間,更新が隔日になっており失礼しました.

 

イメージは,とくに意味はありませんが,ハヤシ君がバリで撮影したお花であります.うまくぼかしを入れており,いい感じであります.

 

家のネット環境もまだ整いませんので,年度末は筆が鈍ってしまうかもしれません.純粋に仕事も差し迫ったものが多く,更新が滞ってしまうかもしれません.

 

 

無事転居できたわけでありますが,新築のアパートであります.

 

 

不動産屋さんがいうには,最新のフローリングというものらしく,固くないフローリングです.

私はフローリングのあの冷たくて硬い感じが嫌いなので,住むところは基本的に畳敷きを探していたのですが,このやわらかいフローリングは最高であります.不動産屋さんにこのやわらかいフローリングの断面がありましたが,仕組みはわかりませんがいい代物です.

 

 

貞弘教授はいつも

『お金少しくらいかかってもいいから,いいトコ住みなさいよ』

 

とおっしゃるわけですが,その意味が最近少しわかってきました.

 

 

長野時代(単身赴任)は官舎だったわけですが,家財道具が何もなく,家の中は布団と机替わりの段ボールだけという売れない漫画家みたいな感じでしたから,当然あまり帰りませんでした.

山大の官舎もお世辞にもあまりいいアメニティとは言えませんでしたし,水道料金を計測して集める係になったりしますと,当時独身でしたからかなりの労力を取られました.

 

いかに『仮の宿り』とは言え,ある程度のアメニティはあったほうがいいかなーと思う今日この頃であります.

 

 

大学病院からの距離は少々伸びてしまうのですが,通勤時間は5分程度伸びるくらいで済みそうですので,新しい住まいを楽しみたいと思います.

 

家内の勤務先が変わるためにこの転居を行ったわけでありますが,

 

金先生 『まえかわ夫婦の力関係が分かるなあ.(ニヤニヤ)』

 

なそうであります.まあ,前住んでいたところが微妙に不便だったということもありますし,アメニティは格段に上がりました.

 

 

ところで,『引っ越し魔』と呼ばれる方がいます.

引っ越しが好きな方たちなのでしょうが,こういう人たちは『新奇探索傾向』が高い人たちなのでしょうか.

 

新奇探索傾向と言いますのは,言ってみれば新し物好きの性格傾向で,脳のニューロンの表面にあるナントカレセプターで遺伝的に決まっていると,ずっと前のNHKスペシャルの『脳と心』で放送していました.

 

ウチの医局で言えば,ハヤシ君などは放浪癖がありますので,新規探索傾向が高いと推察されます.

 

 

私などはこの新奇探索傾向は低いと自覚しているのですが,必然に駆られた転居もまたいいものです.

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    雪やこんこん (火曜日, 27 3月 2012 12:33)

    引っ越しといえば、社会人になって、八年の間に15回ほどしています。
    転勤に伴うものがほとんどですが、新潟、金沢など、なかなか行かない所も体験できました。
    ただ、引っ越ししすぎのせいか?いつになっても、家のエリアの郵便番号が覚えられません。。

  • #2

    まえかわ (火曜日, 27 3月 2012 22:59)

    ギャッ.すごい数です.
    スナフキンではありませんが,不要なものを整頓して日ごろから身軽にしておきたいものです.引っ越しすると,いかにいらないものをため込んでいるかがわかります.