バリのスライド・大学院 (まえかわ)

インテリア女子の秘書智子氏のリアレンジですが、だんだん散ってしまって残りわずかとなってきました。

朴念仁の私でもわかるくらいに、センス良くスタイリッシュに整えられています。

 

 

バリのスライドを、内田先生、私、ハヤシ君、中村君で相互にチェック。

それから、バリで電化製品、具体的には携帯をどうするかという話になったのですが、用意周到な中村君はすでに変電器を購入していたようです。

iPhone派は今現在、内田先生、私、中村君なのですが、彼に便乗して充電するのが望ましいと推察されます。

 

 

今週末、みんなでそれぞれ携帯電話の国際契約をすることになったのですが、詳しい人材を欠いております。

 

 

内田先生『イケメン、いくらくらいかかるか調べておいてよ』 (←いつもながらムチャ振りです)

 

ハヤシ君『えーッ!! みんな分ですか?? 勘弁してくださいよ(トホホ)』

 

 

放浪癖があるハヤシ君ですが、ソロ活動で放浪するので携帯には詳しくないようです。

このブログをご覧になっている方で、携帯の国際使用について詳しい方がいらっしゃったら、コメントにお願いします!!

 

 

 

来年度に学位審査を受けようと思い、準備を始めました。

 

長野に出る前に大学院講義というものを地味に受講していたのですが、いくつか単位が足らず講義のDVDを見てレポートを書く必要がありそうです。今日学務課に確認に行ったのですが、親切な事務の方がいろいろ教えてくださいました。

 

以前もこの辺の感情を吐露したのですが、人材が潤沢な他の医局と違って、残念ながら臨床業務から外れて(いわゆる『ベッドフリー』という立場です)実験だけをする機会には恵まれませんでした。

 

学位論文とは言いますが『手術室と集中治療室で繰り広げられる、黄色ブドウ球菌との熾烈な戦い』を熱く文章に綴って、学位を取得しようと考えています。きわめて泥臭い風雅さを書く文章になると想像されます。

 

 

授業料を半分くらいおさめた時点で、家内に

『実験する暇ないんでしょ。やめちゃえば』(なぜか満面の笑みで)

 

といわれたことがありました。

 

私は社会人大学院生で6年かけて学位を取得するコースなのですが、6年の授業料は確か200万円くらいです。その半額を納入したところでやめちゃえとは、つくづくリアリストな妻です。

 

 

まあ、自分の学術的な修練が一定に達した目安にはなりますので、いい文章を書きたいなと思います。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    コリラックマ (木曜日, 01 3月 2012 00:08)

    特に詳しいというわけではないので恐縮ですが、iphone userであれば、特に申し込みせずに携帯の通信会社(キャリア)をその国で契約している会社に変更すれば一日定額1980円で日本にいる時のように使えますよ(^^)(ちょっと前はもう少し安かったのに…)設定⇒ネットワーク⇒モバイルネットワークで変更できるはずです。
    電話であればスカイプクレジットなどを使う方が得策かと。

    気をつけなければいけないのは、ちゃんと契約している通信会社の設定をしないとローミングでめちゃくちゃ高くつきます。
    Google先生に【ソフトバンク 海外パケット】と聞けばそのページにとんでくれますよ(^O^)
    なにかとiphoneは便利ですよ☆
    バリ羨ましいです!

  • #2

    ike-hayashi (木曜日, 01 3月 2012 17:58)

    Nice advice, thank you! ・・おっと失礼.バリに向けてつい英語が口をついてしまったぜ.
    いや,上司のために調べようと思っていたんですがねえ.教えてくださってありがとうございます.

  • #3

    まえかわ (木曜日, 01 3月 2012 18:36)

    コリラックマさん
    貴重な情報ありがとうございます.ハヤシ君はじめ,当科のスタッフ一同喜んでおります.
    上記のように,ハヤシ君はだいぶ英会話が堪能ですので,非常に頼りになります.