『場』の作り方(まえかわ)

昔からある手術の指南書には,

 

『術者には,自らが手術をしやすい『場』を自身でつくる能力が必要である』

 

と書かれています.

 

このブログを読んでくださっている非医療従事者,学生さんのために補足しますが,要するに自分が作業しやすいように環境を整える能力が外科医には必要ということです.

 

私は手術や当直でボロボロになっていなければ,よく料理をするのです.

例えば,これから料理をしようというときに,周りに洗い物の食器やなんかが散乱して,これから切ろうとする野菜だの肉が展開できない,切った後の野菜がうまくまとめられずにまな板からポロポロ床にこぼれてしまう,ましてや鍋に火をかけるスペースがない・・・

妙なたとえですが,こういうのを『場を作る能力がない』といいます.

 

 

こどもの時,私がこういう家の手伝いをしていて,『場を作れず』不器用にやりにくそうにやっていると,

母は『頭使いなさい』と怒ったものでした.

私の母はいわゆる『お針子さん』だったのでこういう『器用さ』というか,体性感覚が磨かれている人だったのでしょう.

この『頭を使え』というフレーズは,『場を作れ』という言葉同様に奥が深いと今更ながら思います.

 

 

で,『場をつくる』ですが,当然手術は術者,助手,看護師さん・・・などのチームワークで成り立っているので,術者が,自分がどうすれば仕事をしやすくなるか,自分以外の人の手を借りて『場をつくる』能力が必要になります.

 

 

 

今は,ハヤシ君と二人でICUで術後管理をしています.

イメージは『一時的ペースメーカー』と呼ばれる器械です.

手術後に一時的に脈が少なくなる患者さんの脈を増やす(アシストする)ために使う器械です.

 

私   『おいハヤシ,接合部調律になって,中心静脈圧波形のv波が高くなってるぞ』

    『ペースメーカーで心房ペーシングするか』

 

ハヤシ君『え,マジすか.接合部調律ですか?』

 

私   『ペーシングすると,中心静脈圧が下がって,尿量がふえるだろ.いい循環になったんだよ』

 

ハヤシ君『ホントだ.そうっスね』

 

ハヤシ君は勉強熱心な男ですので,さっそく不整脈の教科書を引っ張り出しで勉強しています.

すると,ニヤニヤしながら,私のところに教科書を持ってきて言いました.

 

 

ハヤシ君『先生,こんなこと教科書に書いてありますよ,ゲヘヘ』

 

クロード・ベルナール

『すでに知っていると思うことほど,学習を妨げるものはない』

 

 

クロード・ベルナールというのはフランスの有名な生理学者で,『ホメオスタシス』(生物は,生きている限り自身の恒常性を維持しようとする)という概念を提唱した方です.

 

 

ハヤシ君が『すでに知っていること』とは何なのかさだかではありませんが,初心忘れるべからず,ということをいいたかったんでしょうか,本当に面白いヤツです.

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    みながわ (金曜日, 27 1月 2012 10:53)

    林君へ
    ハーバード大学の図書館の壁に書いてあるとネットで話題の言葉。実はデマですが、是非林君に読んでもらいたい。

    1. 今居眠りすれば、あなたは夢をみる。今学習すれば、あなたは夢が叶う。
    2. あなたが無駄にした今日はどれだけの人が願っても叶わなかった未来である。
    3. 物事に取りかかるべき一番早い時は、あなたが「遅かった」と感じた瞬間である。
    4. 今日やるほうが、明日やるよりも何倍も良い。
    5. 勉強の苦しみは一瞬のものだが、勉強しなかった苦しみは一生続く。
    6. 勉強するのに足りないのは時間ではない。努力だ。
    7. 幸福には順位はないが、成功には順位がある。 
    8. 学習は人生の全てではないが、人生の一部として続くものである。
    9. 苦しみが避けられないのであれば、むしろそれを楽しめ。
    10. 人より早く起き、人より努力して、初めて成功の味を真に噛みしめる事ができる。
    11. 怠惰な人が成功する事は決してない、真に成功を収める者は徹底した自己管理と忍耐力を備えた者である。
    12. 時間は、一瞬で過ぎていく。
    13. 今の涎は将来の涙となる。
    14. 犬の様に学び、紳士の様に遊べ。 
    15. 今日歩くのを止めれば、明日からは走るしかない。
    16. 一番現実的な人は、自分の未来に投資する。
    17. 教育の優劣が収入の優劣。
    18. 過ぎ去った今日は二度と帰ってこない。
    19. 今この瞬間も相手は読書をして力を身につけている。
    20. 苦しんでこそはじめて進める。

  • #2

    まえかわ (土曜日, 28 1月 2012 13:44)

    みながわ先生

    熱いコメントをありがとうございます!

    ハヤシ君だけでなく,自分も含めて若手に勉強させたい次第です.