忘年会(まえかわ)

明日は第二外科忘年会です。

 

幹事の中村君、ハヤシ君はともに芸達者ですので、ガッツリ仕込んできてくれることと思います。

なんでも、参加される方は75人くらいということです。

(今から5年前、私が下っ端時代に幹事をしたときは50人ちょいだった・・・)

当科のスタッフが15人弱ですから、『日ごろのご愛顧ありがとう!』ということで、いらっしゃる皆様、お楽しみください。

 

自分の話で恐縮ですが、実は私はオフィシャルな飲み会がすごーく苦手です。

ハヤシ君が以前医局旅行の話で、『キラキラした看護婦さんが来てテンションあがる』と語っていましたが、私はそういうキラキラした看護婦さんのプライベートのファッションを目の当たりにすると、なんだか、

『日にあたってはいけない生き物が、日に当たってしまった時のようなダメージ』を受けるのです。

(お前はカビか!って感じですよね)

 

私は基本的に非社交的なんです。私は幼児期に父に

『いいか、男は社交的じゃないと出世できないぞ』と言われた記憶があり、今でもたまに思い出します。

 

この父というのが、今の私と同じくらいの年齢でケープタウンから出ているマグロ船の船頭になった人です。

当時の宮古市というのは、水産高校を出て『マグロ船』に乗るのがエリートコースだったようです。

(医学部を出て医者になることが、必ずしもどの時代、どの地方でもエリートを意味するのではないのです。

たぶん、戦争中のエリートは、師範学校を出て海軍に入る人たちだったでしょうし。)

 

私の実家では、父が船頭をしていた船(確か『第七昭恵丸』という船だったと思う)の写真が『額』に入れられていましたし、祖父母は幼い私にこの船の名前を暗記させた記憶があります。

おそらく、私たちの業界で言うなら『教授になる』くらいの職業的成功をおさめたのだろうと推察されますが、身内の話で恐縮です。

 

今思えば、父は幼い私の立身出世を案じてくれていたのでしょうが、当の私は残念ながら出世には程遠い性格です。

残念ながら、私は金銭欲も出世欲も著しく欠ける『朴念仁』です。

 

 

小話をひとつ。

新聞の番組欄を見ていましたが、今日で水戸黄門は最終回なのだそうです。

 

『さようなら!水戸黄門

 今夜限りの永久保存版。御老公と歩んだ42年史・・・・(云々)

 

 由美かおる最後の入浴・・・

 

 なそうです。

 

世界で一番入浴を見られた女性として、ドラえもんの『しずかちゃん』と一緒にギネス認定されるでしょうか。

 

このブログは、当科の広報活動として行っていますので、基本的『お色気的なこと』は極力避けているのですが、つい載せてしまいました。

夕回診で水戸黄門を見ている患者さんはたくさんいますので。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    MOMO (金曜日, 16 12月 2011 14:53)

    うけるー!!今日のブログ冴えてますね。楽しく読ませていただきました。

  • #2

    くろだ (金曜日, 16 12月 2011 18:14)

    二外科忘年会、当院からは山下を派遣します。

  • #3

    yamagata-dainigeka (土曜日, 17 12月 2011 13:10)

    お二方,コメントありがとうございます.
    このブログを訪ねられる方が,お仕事で忙しい中,ちょっと休憩,お茶でも飲みながら『にげぶろ』でも見るか,という文章を書きたいナーといつも思っています.