試験・スーツ(まえかわ)

朝の山形新幹線で、お義兄さん(家内の兄の方)とたまたま乗り合わせ。

米沢に出張に行かれるんだそうです。神経内科医で、僧侶のように静謐で穏やかな方です。家内もおとなしいほうですが、いわゆる外科系なのでお産とかでテンパると、すごい行動力を発揮してるんではないかと推測されますが。

 

 

心臓血管外科専門医試験終わりました。このブログは、ホテルのPCから書いています。

受験手続にお金と手間が多大にかかる(←書類準備に未来氏・真理子氏・智子氏に結構手伝ってもらった・・・)ので、一回で受かることを願うばかりです。

医局の皆様、合格してたら、ご馳走させてください! バァーン!!(ジョジョ風)

でも、落ちてたら、話題に触れないでください・・・(ヘナヘナ・・・)

 

着たくないんですけど、スーツで来たんですよ。

面接はないんですが、以前外科専門医試験のときはスーツの人多かったので。それに、試験官の先生はスーツだろうし、試験問題作るのも大変だったでしょうから、そこにカジュアルな格好で行くのは申し訳ない気がしたんですよ(←結構気が小さい・・・)。

 

金先生の言葉を借りるなら『俺らはブルーカラーなんやー。(大阪弁)』(←なぜか金先生はこの表現を非常に好んで使う)なので、年に10回もネクタイ締めません。

前にいた秘書さんがスーツフェチ(?)な方で、彼女に言わせると、『医者にスーツは似合わない。七五三みたい。』なんだそうです。それを聞いて、ますますスーツを着るのが嫌になりました。

でも、確かに出入りするMRさんとか、医療器械やさんとかって着こなしが上手ですよね。

 

秘書智子氏がクリスマス風にしてくれました。お疲れ様です。

日本は古代ローマ帝国と同じ多神教の国だから『節操がない』なんて固いこといわずにクリスマスでも元旦でも節句でも楽しんだらいいんじゃないかなーと思います(智子氏みたいな教養がある文系女史にはかないませんが、私も幼稚園がカトリックでした)。

前川家は毎年クリスマスは、シェミオの紅茶味のケーキです。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    S.N (土曜日, 19 11月 2011 09:25)

    前川先生、試験お疲れ様でした!僕の方も昨日追試が終わり、美味しいお酒を飲み明かしておりました。
    専門医の試験…将来受けると思うと今以上に頑張らないといけない、と思ってしまいますね…。
    無事に山形まで帰ってきて下さい。
    医局はクリスマスモードで、もう一年が終わるのかと思うとやっぱり時が立つのは早いです。