ICD講習会(前川)

日常業務が立て込んでおり、更新が滞っております。すみません。

ほぼ慢性化しつつある集中治療室、高度ケアユニット、循環器病棟の満床状態(とそれに伴う看護婦さんたちのイライラ)、それにハヤシくんの言う「カイリオバケ」的な忙しさ、などなどです。

 

ちなみに『カイリオバケ』が出ると家内はあんたの『カエリ』はいつなの?なーんて言いませんよ。

憐れんでくれます。

 

このブログを読んでる学生さんとか研修医の方いたらですねぇ、外科医になったら家族サービスできないからいやだってのは、短絡的ですよ。浅はかですよ。アグーですよ(?)。

 

たとえばですね、自分と奥さんで食事の予約取ってたとするでしょう? そこで、カイリオバケが出るわけです。

落胆する自分・・・。 

ここで奥さんに強い罪悪感を覚えるわけですよ。しかも早く駆けつけないとカイリオバケと同じくらいコワい上司に怒られるんですよ『おせーぞ!何やってんだ?あァ?(原哲夫風に)』。←今ウチの医局にこんな人はいませんよ、念のため。

んで、あー今日も寝れねーとか思うわけですよ。

 

でもですね、ここで、奥さんも一緒に落胆したり涙ぐんだりすると笑い話にならんのですよ。で、「がんばって!(CV・坂本真綾)」なんて励ましてくれるのも全然ダメです。不合格です。

奥さんが、「じゃあ、仕方ないね、私、あんたの分まで食べてくるね。お会計(あんたのカードでいいよね(ニコッ)」っていうと、自分は『えーッ?(マスオさん風に)てなりますけど、後で笑い話になるじゃないですか。

 

この話題終わり。

 

この1週間、椅子で寝ることが散発したためか、背中をいためてしまいました。どうやら医局長も(あぁ、首痛ぃ)とかすかに聞こえる声で言ってるような言ってないような・・・。

私が忙しい間ハヤシ君の軽妙なトークに期待していましたが・・・。

 

本題です。

今日はICD講習会に。

ICD=インフェクション・コントロール・ドクター(感染制御医師)の資格更新のために単位が必要になるのですが、今回たまたま山形でやるというので、駅裏の山形テルサに。このICD講習会は、事前登録をICD制度協議会のHPからすれば、無料でためになる話を聞けるので、オススメです。

 

バイキンワーク(外科感染症研究)は前述しましたが、趣味ですよ。小難しい言葉でいうなら臨床微生物学とか、外科感染症学とかいえますかね。ちなみに、MRSAがいない国として有名なオランダでは、医師の収入トップ2は『心臓血管外科医』と『臨床微生物専門医』なそうです。200床だか以上の病院ではこの臨床微生物専門医がいないとダメなそうです。

器用貧乏(?)、貧乏暇無しの私にはうらやましい話です。